2019年2月12日火曜日

【harappa Tsu-shin】田舎館村クリエイター育成事業「ドット絵彫刻を作ろう」

みなさん、こんにちは!
先週末は田舎館村で「冬の田んぼアート」が開催されていましたね♪
その一環で開催した田舎館村クリエイター育成事業「ドット絵彫刻を作ろう」の様子を
ご紹介したいと思います♪

今回、講師を務めてくださったのは、彫刻家・現代アーティストの鈴木一太郎さんです!
ピクセルアート、ドット絵と呼ばれるコンピュータゲーム黎明期のデジタルグラフィック表現を用いた彫刻作品を制作する鈴木一太郎さん。
田舎館村の小学生・中学生と一緒に、ドット絵彫刻のワークショップを開催しました♪

まずは、ドット絵を理解するために、自分たちの名前をドット絵で描いていきます。
慣れてきたら、「〇」や「↗」などの記号にも挑戦しました。
大人たちは少し苦戦した課題も、子どもたちはすらすらと理解していきます♪

次は色鉛筆を使って、ドット絵彫刻の下書きです♪
今回は、たて10マス・よこ10マスを目安にドット絵彫刻に挑戦してもらいました。
10×10マスの中で自分の作りたいものを表現していきます♪

下絵ができたら、8色の木のブロックを組み立てて、ドット絵彫刻を制作♪

一度形を作ってみてOKだったら、今度はボンドで接着していきます♪

みんな試行錯誤しながらも楽しそうです♪

早い子は2個目、3個目にも挑戦していました!

そして、完成した作品が先週末、田舎館村博物館で展示されました♪
子どもたちの作品と一緒に、今回の為に鈴木一太郎さんが制作してくださった
「ピクセル・ドグウ」も一緒に展示されました♪
一つ一つの作品がとってもおもしろいです!!
参加してくれた子どもたちも、展示を見に来てくれた方にもドット絵彫刻の楽しさが伝わったのではないでしょうか♪

今回のワークショップに参加してくれた田舎館村の小学生・中学生の皆さん、
講師の鈴木一太郎さん、
成果展に足を運んでくださった皆さん、本当にありがとうございました♪




(harappaスタッフ=太田)


2019年1月22日火曜日

【harappa Tsu-shin】harappa映画館(3/9開催) 前日準備・当日運営ボランティアスタッフ募集


「弘前のまちなかに映画館を!」と、
harappaが行っている上映会「harappa映画館」。
次回は、3月9日(土)にスペース・デネガにて開催されます。

この上映会を一緒につくってくれるボランティアスタッフを募集しております。

◯前日準備 3/8(金) 15:00〜17:00頃
作業内容:スクリーン設置、客席・受付設営など
・交通費や謝礼はございませんので、ご了承ください

◯当日運営 3/9(土) 09:00〜20:00頃
作業内容:受付、会場案内など
・お弁当をご用意しております
・希望する上映作品をご覧いただけます
・交通費や謝礼はございませんので、ご了承ください

暗闇の中、物語が映し出される場をつくる面白さがあります。

少しでも興味のある方は、ぜひ事務局までご連絡くださいませ。
メール場合、件名に「harappa映画館 ボランティアスタッフ希望」と明記の上、
お手伝いいただける日にちをお知らせください。
ぜひお待ちしております!!

問合:harappa事務局
   tel: 0172-31-0195(平日 9時〜17時半) e-mail: post@harappa-h.org

☆上映会の詳しい情報はこちら



2019年1月21日月曜日

【越境するサル】№.184「珈琲放浪記~青森県の珈琲を歩く(その3)~」(2019.1.18発行)


 「珈琲放浪記~青森県の珈琲を歩く(その3)~」をお届けする。11月から1月までに味わった青森県の珈琲の報告である。今回は、弘前市・八戸市・青森市の3店。八戸市の店は初めての訪問だが、弘前市と青森市の店は通い慣れた店。
すべて、自信をもってお薦めできる珈琲

 
「珈琲放浪記~青森県の珈琲を歩く(その3)~」


11月某日 弘前市銅屋町 「ゆぱんき」

   五重塔で有名な最勝院の隣、消防屯所と上質フランスワインが格安で飲める店「わいんぱぶ  ためのぶ」の間にある路地の奥に「ゆぱんき」はある。


   もう何代目かの「ゆぱんき」だが、現在の店になってからはランチのために来店することが多くなった。おそらく20種類以上の野菜を中心とした素朴な和食だが、ご飯と味噌汁とともにゆっくり噛みしめると、自分の生命力が蘇ってくるような気がしてくるから不思議だ。


   そして食後の珈琲は、石川県珠洲(すず)・木の浦海岸の舟小屋に2001年開店した「二三味(にざみ)珈琲焙煎所」の人気№1ブレンド「二三味ブレンド」。ブラジル・パプアニューギニア・タンザニアを深煎りで焙煎した苦味がきいたブレンドだが、「華やかな」とでも表現したくなる香りと味わいは格別である。3gの角砂糖をひとつだけ落とし、気に入った本でも読みながらいつまでも長居したくなる店だが、混みあったらそうもいかない…





12月某日 八戸市小中野 「アンバーコーヒー」

   八戸駅から鮫・久慈方面へ向かうJR八戸線。その小中野駅から陸奥湊駅に向かう道を数分ほど歩くと、「アンバーコーヒー」にたどり着く。


   店に入るとすぐカウンター。いくつかのテーブル席はあるが、狭く感じる。ところが、入って左奥に焙煎室と思われる空間があり、そこにもテーブル席がいくつか。この部屋が、なんとも居心地のいい雰囲気なのだ。シンプルでモダン…ちょっと形容しがたいが。
   クリームソースとタラコのパスタとエスプレッソを注文する。どちらも想像以上の美味しさ。パスタのバランスの良さと、エスプレッソの口当たりの良さに感服。今回はエスプレッソにしたが、日替わりで3種類用意された豆から選べるストレートコーヒーも魅力的だ。



   なるほど、市街地からわざわざここを目指してみんなが来るわけだ。もう一度来る価値あり。今度来るときは、評判のカレーライスとストレートコーヒー。



1月某日 青森市古川「カフェ・デ・ジターヌ 駅前本店」

   青森市古川ニコニコ通り。「昭和」を感じさせるこの通りに、「カフェ・デ・ジターヌ」はある。東京南千住駅近く、「コーヒーの聖地」のひとつ「Café Bach(バッハコーヒー)」で修行した焙煎士による自家焙煎珈琲豆販売店だが、この駅前本店はバール風(チェアはある)の喫茶で、珈琲好きにはたまらない店である。しかも青森駅に近い…



   実は、私が自家焙煎深煎りの珈琲を意識して飲むようになったのは、ペルー・マンデリン・マラウイ・ブラジルを調合したこの店の主力商品「青森ブレンド」と出会ってからだ。
それまでも深煎りは好きだったが、「青森ブレンド」の芳醇な味わいと心地よい苦味との出会いは、その後の「珈琲放浪」のスタートであった。


   今回は、少し冒険のつもりで「天空のコロンビア」(かなり深煎り)のエスプレッソ・アメリカーノを試しに飲んでみた。エスプレッソのお湯割りだが、侮るなかれ、これがなかなかのものなのだ。苦味もあって、すっきりと。また味わうべきメニューだ。


   帰りに、豆も購入。もちろん「青森ブレンド」、そしてこの日味わった「天空のコロンビア」。しばらく、我が家の珈琲は「カフェ・デ・ジターヌ」で決まり。




<後記>

   「青森県の珈琲を歩く」シリーズは、しばらく中断する。と言っても、何カ月かすればまた紹介したい店が出てくるはずだ…次号は、3月の「harappa映画館」の紹介、『ドキュメンタリー最前線 2019』。





(harappaメンバーズ=成田清文)
※「越境するサル」はharappaメンバーズの成田清文さんが発行しており、
個人通信として定期的に配信されております。



2019年1月7日月曜日

【越境するサル】№.183「今年出会ったドキュメンタリー 2018年10-12月期」(2018.12.31発行)

2018年10-12月期に出会ったドキュメンタリーについて報告する。
               
    「今年出会ったドキュメンタリー 2018年10-12月期」   
 2018年10月から12月までに観たドキュメンタリーを列挙する。スクリーンで観た映画は4本、あとはDVD等での鑑賞。( )内は製作年と監督名と鑑賞場所等、※はテレビ・ドキュメンタリー。 

10月・・・『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』(2015  ダニエル・レイム)     
      『チャルカ~未来を紡ぐ糸車~』(2016  島田恵  脱原発弘前映画祭)       
      『ヒロシマ、そしてフクシマ』(2015  マルク・ブティジャン  脱原発弘前映画祭)
      『1968 激動の時代(前・後編)』(2018  BS1スペシャル)※     
      『それでも僕は映画を撮る~監督・大林宣彦 80歳の決意~』
      (2018 目撃!にっぽん)※
      『カナリアたちの叫び』(2018  テレメンタリー)※         
      『ソーシャルメディアの“掃除屋”たち(前・後編)』
      (2018  BS世界のドキュメンタリー)※     
      『我、生還す―神となった死刑囚・袴田巌の52年―』(2018  NNNドキュメント)※
      『ザ・ベストテレビ 2018』(2018  BSプレミアム)※         
      『NYタイムズの100日間~トランプ政権とメディアの攻防~(前・後編)』
     (2018  BS世界のドキュメンタリー)※         
      『ゴンザ~世界最初の露日辞典を作った男~』(2018  BS1)         

 11月・・・『顔たち、ところどころ』(2017  アニエス・ヴァルダ、JR  青森シネマディクト) 
      『津軽のカマリ』(2018  大西功一  つがる市シネマヴィレッジ8)       
        『Ryuichi Sakamoto:CODA』(2017 スティーブン・ノムラ・シブル)
      『ムシロ旗と星条旗~あなたの街に基地があったら』(2018 ドキュメントJ)※
      『写真は小さな声である~ユージン・スミスの水俣~』(2018  ETV特集)※         
      『首都圏の巨大老朽原発  再稼働させるのか '東海第二'』
      (2018  NNNドキュメント)※       
      『ブラックアウト~530万人の2日間~』(2018  テレメンタリー)※         
      『ラップと知事選  沖縄  若者たちの声』(2018  BS1スペシャル)※         
      『ニッポンは好きだけど  カイゴ開国10年の現実』
     (2017  第26回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品)※         
      『アメリカ“刑務所産業”』(2018  BS世界のドキュメンタリー)※                                   

 12月・・・『私が殺したリー・モーガン』(2016  カスパー・コリン)         
       『SUKITA  刻まれたアーティストたちの一瞬』(2018  相原裕美)         
       『幻を見るひと~京都の吉増剛造』(2018  井上春生)
       『オウム真理教 狂気の萌芽  坂本弁護士一家殺害事件30年』
      (2018  NNNドキュメント)※         
       『ヒトラー・クロニクル Part1』(2018  BS世界のドキュメンタリー)※         
       『ヒトラーの子どもたち』(2018  BS世界のドキュメンタリー)※       
       『罠師~片桐邦雄・ジビエの極意』(2018  ドキュメントJ)※       
       『運命の3つの都  パリ・ベルリン・ニューヨーク』
      (2018  映像の世紀プレミアム)※         
       『輪廻の少年』(2018  BS世界のドキュメンタリー)※         
       『北海道開拓~困難の果てに~』(2018  BS1スペシャル)※       
       『アイヌらしく  人間らしく~北海道150年  家族の肖像』(2018  ETV特集 )※ 
      『写真家 ユージン・スミスの戦争~タラワ・サイパン・沖縄 678日の記録~』
      (2018  BS1スペシャル)※         
       『ロストフの死闘  日本vs.ベルギー 知られざる物語』(2018  BS1スペシャル)※
       『ヤメ暴~漂流する暴力団離脱者たち~』
      (2018  JNNネットワーク協議会賞大賞)           


 毎回、「収穫」を選んでいるが、今回も数本紹介する。まず、映画から。
   
 『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』(2015  ダニエル・レイム)。1950年代からハリウッドで活動したハロルド・マイケルソンとリリアン・マイケルソン夫妻。50年にわたり100本以上のハリウッド作品の絵コンテと映画リサーチを担当した夫婦の映画人生を追う。デミル監督『十戒』・ヒッチコック監督『鳥』・ニコルズ監督『卒業』などの名場面を創った絵コンテを描いたハロルド、映画リサーチャーとして絶大な信頼を得ていたリリアン。フランシス・フォード・コッポラやメル・ブルックス、ダニー・デヴィートらのインタビュー、リリアンが語る亡き夫ハロルドの回想などから、二人の軌跡を描く。   
 


 『チャルカ~未来を紡ぐ糸車~』(2016  島田恵  脱原発弘前映画祭)。デビュー作『福島 六ヶ所 未来への伝言~』(2013)で注目された島田恵監督が「核のゴミ処分」問題に切り込む。高レベル放射性廃棄物の地層処分研究施設がある北海道幌延町の隣町で酪農を営む一家、もう1つの研究施設がある岐阜県東濃地方、世界初の地下処分施設建設中のフィンランド・オンカラ、原子力大国フランスの処分計画地ビュール…世界各地への取材を通じて、人類の未来の生き方を提出する意欲作。なお、「チャルカ」とはインドの手紡ぎ糸車。ガンジーが指導したインド独立運動のシンボル。   


 『ヒロシマ、そしてフクシマ』(2015  マルク・ブティジャン  脱原発弘前映画祭)。ヒロシマに原爆が投下された日、1945年8月6日から65年にわたって被爆者の治療と反核運動を続けてきた肥田舜太郎医師。内部被曝の恐ろしさ、危険性を世界に訴えてきた肥田医師の足跡と、福島原発事故以降の活動を、フランス人監督マルク・ブティジャンが密着取材で追う。原爆と原発、隠されてきた真実を徹底的に告発する肥田医師の姿は、私たちにとって一つの救いだ。   


『顔たち、ところどころ』(2017  アニエス・ヴァルダ、JR  青森シネマディクト)。『歌う女・歌わない女』(1976)・『冬の旅』(1985)・『ジャック・ドゥミの少年期』(1990)などの監督作品で知られるヌーヴェル・ヴァーグの巨匠アニエス・ヴァルダ(作中で87歳)と、写真家でアーティストのJR(作中で33歳)。54歳差のふたりは、一緒に映画を作ることにした。JRのスタジオ付きトラックでフランスの村々をめぐり、人々の顔を撮影し、大きなサイズのポートレイト作品を人々とともに作り上げていくふたり。壁に貼られた巨大な自分の写真に喜ぶ村人たち…ロードムービーであり、参加型アートプロジェクトの記録であり、そして人生讃歌でもあるドキュメンタリー。第70回カンヌ国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞受賞作品。 



『津軽のカマリ』(2018  大西功一  つがる市シネマヴィレッジ8)。初代髙橋竹山。数々の津軽民謡を新たな三味線局として編曲し、津軽三味線の独奏という芸域を切り開いた巨人…1998年、87歳で亡くなるまでの生涯を、彼の演奏と語りの映像、そして二代目高橋竹山ら関係者の証言で綴る、圧倒的な104分。監督は、沖縄宮古島の古謡・神歌をテーマにしたドキュメンタリー『スケッチ・オブ・ミャーク』(2011)で国内外で高い評価を受けた大西功一。   


 『私が殺したリー・モーガン』(2016  カスパー・コリン)。18歳でブルーノート・レコードよりデビューし、1960年代、アート・ブレイキー&ザ・ジャズメッセンジャーズに所属しジャズ人気を牽引したリー・モーガン。天才の名をほしいままにしたこのトランぺッターは、1972年、NYのジャズクラブ「スラッグス」での演奏中、妻ヘレン・モーガンに拳銃で撃たれ、病院に移送されたが死亡した。ヘレンは、彼をドラッグから立ち直らせた、いわば恩人であった…数々の演奏の映像(もちろん音楽も)と彼らを知る人々の証言、そして自らの死の1年前に彼女が残した事件を語るテープの音声で綴られる真実。
  

 
『幻を見るひと~京都の吉増剛造』(2018  井上春生)。戦後を代表する詩人、吉増剛造。80歳を目前にした彼は、豊かな地下水で知られる京都を訪れる。2011年の東日本大震災による津波の被害を目にし、水の衝撃に言葉を失った吉増にとって、水の持つ新たな意味を求める旅だった。川端康成が「古都」を執筆した流響院をはじめ、醍醐寺、妙心寺、大徳寺、貴船神社…一編の詩を生み出していく彼の創作過程を、圧倒的な水の映像とともに綴る。世界各地の映画祭で絶賛された、驚愕のドキュメンタリー。   



テレビ・ドキュメンタリーからも数本。 
  『1968 激動の時代』(前・後編)(2018  BS1スペシャル)。国際共同制作。世界中が変革を信じて闘った1968年。その年に起こった出来事とその後の主会の潮流をインタビューと資料映像で綴る100分(前・後編合わせて)。ボブディラン、英国・ロンドン、日本・東京、米国・サンフランシスコ、ワシントン、ミシシッピ州、カリフォルニア州立大学バークレー校、フランス・パリ、イタリア・ローマ、ブラジル・サンパウロ、ドイツ・ベルリン、ベトナム・ハノイ、英国・ブライトンビーチ、ベトナム戦争…多くの映像と多くの回想。小熊英雄など日本人も登場するが、消化不良気味だと感じてしまうのは、あまりにも多くのテーマが詰め込まれているからか。語り・古谷一行(日本語版)。
 
 『ザ・ベストテレビ 2018』(2018  BSプレミアム) 。この1年間、国内の代表的なテレビ番組コンクールで最高賞を受賞したドキュメンタリー番組をNHKと民放の垣根を越えて2日にわたって放送する『ザ・ベストテレビ 2018』。今年のラインナップは、文化庁芸術祭賞「防衛フェリー 民間船と戦争」(名古屋テレビ放送)、ギャラクシー賞「教育と愛国 教科書でいま何が起きているのか」(毎日放送)、民放連賞テレビ報道番組「記憶の澱(おり)」(山口放送)、地方の時代・映像祭賞「かあちゃんのごはん」(信越放送)、放送文化基金賞・ATP賞「BS1スペシャル 父を捜して 日系オランダ人 終わらない戦争」(椿プロ/NHK)、民放連賞テレビ教養番組「知られざる被爆米兵 ヒロシマの墓標は語る」(広島テレビ放送)。この通信で私が注目した作品が多数含まれているが、ノミネート作品の紹介も含め贅沢な番組である。【ゲスト】森達也,梯久美子,小原一真,依田恵美子,斉加尚代,佐々木聡,【司会】三宅民夫,雨宮萌果。 
 
 『NYタイムズの100日間~トランプ政権とメディアの攻防~(前・後編)』(2018  BS世界のドキュメンタリー)。原題:THE FOURTH ESTATE The First 100 Days。制作:RADICALMEDIA / MOXIE FIRECRACKER FILMS(2018年 アメリカ)。トランプ大統領から“フェイクニュース”“国民の敵”と敵視されるメディアの代表格ニューヨーク・タイムズ紙。大統領就任演説に始まる100日間のニューヨーク・タイムズ紙とトランプ政権の攻防を、本社編集部とワシントン支局にカメラを据えた密着取材で描く。「ロシア・ゲート疑惑」のスクープで政権を追及し揺さぶり続ける記者たちの濃密な日々は、ドラマチックと言うしかない。   

 『写真は小さな声である~ユージン・スミスの水俣~』(2018  ETV特集)。写真集『水俣』で水俣を世界に伝えたアメリカの写真家ユージン・スミス。水俣に住み込み、患者の姿を世界に伝えた彼の生誕100年の今年、膨大なプリントと撮影時の録音が公開された。従軍カメラマンとして沖縄で負傷、戦後弱者に目を向けていった彼は、妻アイリーンとともに水俣にたどり着く…公開されたプリントと録音から、患者たちを撮り続けることに対する彼の苦悩、そして素顔が明らかになる。それについて私たちは安易な感想を述べることはできないが、関係者がユージンについて語るときの、その語り口の優しさには、何か救われる気がする。 

 『アメリカ“刑務所産業”』(2018  BS世界のドキュメンタリー)。原題:Jailed in America。制作:Submarine Amsterdam & CNN Films/The Why Foundation NHK/BBC/CBC/DR/EO/NRK/SVT/SRF-RTS(2018)。監督は、アフリカ系アメリカ人として初めてアカデミー賞監督賞を受賞したロジャー・ロス・ウイリアムズ。刑期を繰り返した親友の死をきっかけに取材を始めた彼は、激増するアメリカの受刑者数の背後に、刑務所が低賃金で製品を作る“工場”となり巨額の利益を生んでいる実態があることを知る。黒人を標的にする警察、差別的な判断をする司法、そして、9兆円もの市場規模を持つ“刑務所産業”。「新たな奴隷制」に迫るこの力作は、世界の公共放送が参加するプロジェクト「Why Slavery?」シリーズの1本。このシリーズ、11月は6本放送された。他の5本は、中東各国に出稼ぎに出向き家政婦として働く女性たちの苦境を描いた『メイド地獄』、インド人ディレクターが人口13億人の母国で起きている経済格差の暗い影を追う『児童売買の闇を追う』、今年のノーベル平和賞で世界の注目が一気に高まった少数民族の女性たちの物語『性奴隷だったヤジディの私』、キム・ジョンウン体制のもとで加速する労働者の海外派遣の実態に迫る『北朝鮮 外貨獲得部隊』、偽りの借金証書にサインしたばかりにとある家庭に家事使用人として縛られることになった女性の物語『とらわれの日々からの脱出』。   

 『ヒトラーの子どもたち』(2018  BS世界のドキュメンタリー)。原題:Hitler’s Children。制作:Gedeon(フランス  2017)。「レーベンスボルン(生命の泉)」計画。アーリア民族の「純血性」を保つためにナチスが進め、未婚女性とドイツのエリート兵との間に何万人もの子どもが生まれたこの秘密計画の舞台の一つは、パリ郊外の森に囲まれた邸宅だった…ある里親が屋根裏に隠していた手紙をきっかけに、この邸宅で生まれたある男性の出生の秘密の断片が少しずつ明らかになる。
   
 『写真家 ユージン・スミスの戦争~タラワ・サイパン・沖縄 678日の記録~』(2018  BS1スペシャル)。水俣病患者の撮影で知られる写真家ユージン・スミスは、太平洋戦争の激戦地サイパン・レイテ・沖縄の戦場カメラマンだった。玉砕の島・タラワの惨状、戦火に傷ついたサイパンの日本の民間人、収容所に避難した沖縄の人々。彼の被写体は、次第に戦争の犠牲者たちになっていく。しかし、その写真の多くは検閲により没収された…発掘されたそれらの写真と関係者の証言から、当時の戦争報道の実態を明らかにし、ユージン・スミスが伝えたかったものが何だったかを考える。

   

<後記>    映画館で2本、自主上映会で2本、スクリーンでドキュメンタリー映画を観ることができた。テレビ・ドキュメンタリーは相変わらずたくさんの秀作。今年も、幸福な出会いがあった…


(harappaメンバーズ=成田清文)
※「越境するサル」はharappaメンバーズの成田清文さんが発行しており、
個人通信として定期的に配信されております。


2018年12月11日火曜日

【越境するサル】№.182「珈琲放浪記~ムンクとフェルメール、そして上野界隈で珈琲」(2018.12.4発行)


11月の末、「大人の休日」を利用して東京に向かった。上野で開催されている「ムンク展」と「フェルメール展」が主な目的だが、上野界隈の珈琲店との新たな出会いにも期待していた…

 
     「珈琲放浪記~ムンクとフェルメール、そして上野界隈で珈琲」


1 「アメ横ダンケ 上野」 東京都台東区上野

   12時半、上野駅に到着。新幹線の車内販売がなかったので、とにかく何か口に入れたかった。まっすぐアメ横に向かう。あちこち迷いながら何とか目指す店の近くにたどり着いた時、もう午後1時を過ぎていた。スマホを頼りに路地裏に入る。「ダンケ珈琲店」の看板が見える。ここだ…





   カウンター5席のみの店内。荷物も置けないほど狭い空間だが、座ってしまえば落ち着く。店の定番である「バターブレンドコーヒー」を注文し、マスターに促されて正面の壁一面に陳列されたコーヒーカップの中からお気に入りを選ぶ。そして「ケーゼクーヘン」。何やら、ゆったりとしたソファーのある高級喫茶のようなオーダーだが、ここは路地裏のカウンター5席…





   「ケーゼクーヘン」とはドイツのチーズケーキ。天然酵母と数種のチーズを焼き上げたこの店のオリジナル「ケーゼクーヘン」は、なるほど美味い。ふかふかのパンとチーズ、甘味と塩味、絶妙のバランスがいい。あっという間に完食。珈琲もよく合う…というか、ケーキを食べるスピードに合わせて、あまり味わうことなく飲んでしまった。のとごしがよかったことは、間違いない。
   神戸発祥、吉祥寺から移ってきた「アメ横ダンケ」。一度は行く価値あり。場所はわかりづらいが…

   午後2時過ぎ、東京都術館へ。「ムンク展―共鳴する魂の叫び」(2018.10.272019.1.20)。




   ノルウェー・オスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心に、代表作「叫び」(油彩・テンペラ画バージョン、初来日)など約100点を展示。肖像画から晩年の作品に至るまで、ようやくその全貌に触れることができた気がする。もちろん写真撮影禁止なので、気に入った作品の絵葉書で我慢。





   この日は、ここまで。娘一家の住む、西武池袋線沿線の町へ。
  



2 「エスプレッソファクトリー」 東京都文京区千駄木

   午前10時、山手線日暮里駅下車。ここから、いわゆる「谷根千」を経由して上野公園に向かう。途中、魅力的な珈琲店がひしめいているが、行く店は決めていた。
   谷中霊園を通り、東京メトロ千代田線千駄木駅方面を目指す。千駄木駅1番出口から徒歩3分、団子坂中腹にその店はあった。「エスプレッソファクトリー」、思ったより小さな店だ…



   ここで飲むのは、もちろんエスプレッソ(ダブル)。小さなパンと一緒に味わったが、なかなか美味い。あっという間に飲み干してしまった。もっとゆっくり味わいたくて、もう一杯ダブルを注文する。今度は冷めるまで(冷めてからもなかなか味わい深いのだ、エスプレッソは)時間をかけて、外の風景、行き交う人々を眺めながら味わう。



   午前11時、上野公園に向かって歩き始める。
   団子坂下から不忍通りを根津に向かう。右手に根津神社。千代田線根津駅あたりで言問通りと交錯すると、しばらく小路に迷い込み一息つく。もう少し歩けば不忍池が見えるはずだ…
   上野公園で楽しむ人々を横目で見ながら、まず上野の森美術館を目指す。日時指定のチケットはひと月半前に買っていたが、行列状況を見たかった。私の前の回の行列を整理する係員に話しかけ、13時入場者の行列スタートは12時半頃と確認、昼飯調達のため公園をいったん出る…こうして、様子を見ながら、行列のほぼ一番乗りの位置を確保した。




   「フェルメール展」(上野の森美術館、2018.10.52019.2.3)。
   オランダ絵画の巨匠、ヨハネス・フェルメール。現存する作品35点のうち「9点までが東京にやってくる日本美術展史上最大のフェルメール展」と銘打たれた今回の展示(この日は8点)を逃すわけにはいかなかった。「牛乳を注ぐ女」「手紙を書く女」「真珠の首飾りの女」「ワイングラス」…欧米の主要美術館から特別に貸し出された、日本初公開作を含む傑作の数々が集められた「フェルメール・ルーム」を真っ先に目指す。
   何度も何度も作品の前に立ち、その記憶を頭に焼き付ける。そして、8枚すべての絵葉書と公式ガイドブックを買い求め、美術館を後にした。これだけでいい…






3 「自家焙煎  稲荷町珈琲」 東京都台東区東上野

   「フェルメール展」のあと、無性にアイスコーヒーが飲みたくなった。しかし、すぐ近くにあるいくつかの「チェーン店」では飲みたくなかった。時間もかなり余裕があった。そこで思い出したのが、かつて東京メトロ銀座線稲荷町駅付近にあることを確認していた、小さな店だった。たしか、立ち飲みの店のはずだ。15分も歩けば着くだろう…
   記憶していた場所とは少し違ったが、10分ほどでたどり着いた。上野の同潤会上野下アパートがあった場所だという。



   珈琲豆の販売店なので沢山の種類の豆が揃っているが、店内の小さなカウンターで立ち飲みもできる。迷わずアイスコーヒーを注文する。値段は、なんと180円。3種類が飲めるホットコーヒーも同じ値段だ。しかし、味はなかなかのものだ。苦味もコクもしっかりしている。珈琲豆も驚くほどの安さ。深煎りのマンデリンを200グラム購入する(自宅で試しているが、かなり美味しい)。
   店内の壁にはブルースのレコードジャケット。小さいけれど、心地のいい空間…





   上野駅付近のチェーン店には「カフェ難民」があふれているが、そこから少し足を延ばせば、個性あふれるさまざまな珈琲と出会うことができる。そっちのほうが楽しいのに…上野界隈珈琲放浪は、まだまだ続く。


<後記>

   今回の旅は、「フェルメール展」の計画から始まった。どうせ行くなら「ムンク展」も。そして「谷根千」も歩きたい…こうして娘一家訪問と友人との再会を含む、東京行きが決まった。
   次号以降の予定だが、年末には「今年出会ったドキュメンタリー」発信。その前か後に、「珈琲放浪記~青森県の珈琲を歩く(その3)~」。日本映画についても準備している。




(harappaメンバーズ=成田清文)
※「越境するサル」はharappaメンバーズの成田清文さんが発行しており、
個人通信として定期的に配信されております。


2018年11月30日金曜日

【越境するサル】№.181「寺山修司原作『あゝ、荒野』~上映会への誘い~」(2018.11.23発行)


 128日(土)の第29harappa映画館は、『あゝ、荒野』(2017  岸善幸監督)前篇・後篇を一挙に上映する。弘前出身・寺山修司原作の映画が弘前で上映されることは、ひとつの事件である。


 
         「寺山修司原作『あゝ、荒野』~上映会への誘い~」

   2021年、新宿。東日本大震災から10年、2度目の東京オリンピックが終わったこの街を舞台に新宿新次とバリカン建二という2人のボクサーの青春が描かれる本作で、新次を演じるのは日本映画若手俳優のトップランナー菅田将暉、建二を演じるのは韓国の実力派俳優ヤン・イクチュン。原作の骨格を残しながら、時には大胆に肉付けされたふたりの主人公が生きる「荒野」を描いた監督は岸善幸。2017年の映画界を席巻した話題作前・後篇合わせて5時間余を、一挙上映する…

   『あゝ、荒野』は、1966年に刊行された寺山唯一の長編小説である。吃音症で対人赤面恐怖症に悩む建二と、天涯孤独で野性的な性格の新次。対照的なキャラクターのふたりが、元ボクサーの堀口と出会ってプロボクサーを目指す青春物語…しかしそこは寺山作品。脇役にもさまざまな屈折した人物を配し、全編短歌や流行歌や競馬にまつわる物語などがちりばめられた「怪作」となっている。2018年時点でこの小説を読んでみても、決して色あせない、「新しさ」を感じさせる。

   1935(昭和10)年、青森県弘前市に生まれた寺山修司は、県内各地を転居した後、青森高等学校を卒業し、早稲田大学に進学する。以降、歌人・俳人・作詞家・劇作家・映画監督・評論家として幅広く活躍。とりわけ、演劇実験室「天井桟敷」主宰者として、世界的な評価を得たことは周知の通り。1983(昭和58)年没。


   映画の世界でも、寺山は異彩を放っている。
   長編映画に限っても、『書を捨てよ町へ出よう』(1971)・『田園に死す』(1974)・『ボクサー』(1977)・『草迷宮』(1978)・『上海異人娼館/チャイナドール』(1980)と、監督をつとめた作品は次々と国内外で高い評価を受けた。そして、ガルシア・マルケス『百年の孤独』に着想を得た最後の長編映画『さらば箱舟』(1984公開)の沖縄ロケ(1982.13月)まで、寺山は映画監督であり続けた…

   『あゝ、荒野』との絡みで言えば、菅原文太と清水健太郎が共演した『ボクサー』は、とりわけ注目されるべきだろう。
   元ボクサーのトレーナー、それまでの境遇から這い上がっていく主人公、運命的なライバルの存在…ボクシングドラマの定番ともいえるプロット(「天井桟敷」メンバーの織り成す「寺山ワールド」との不思議な共存はあるが)のこの作品は、キネマ旬報ベストテン第8位を獲得した異色作だ。
   寺山のボクシングへのこだわりは、それ以前から知られていた。1970年、『明日のジョー』の登場人物(ジョーの宿敵)力石徹の葬儀を企画し喪主となったのは有名な話だし、そもそも『明日のジョー』主題歌の作詞者は寺山であった(唄は尾藤イサオ)。
   これらすべての原点に、1966年の『あゝ、荒野』はある。

   さて、映画『あゝ、荒野』である。弘前の観客はどのようにこの作品を受け止めるだろうか。上映終了後のトークで、観客の皆さんの声を交えて議論してみたい。私もひとりの観客となって、この映画への思いを吐露したい…

  128日は、harappa映画館へ。


   日程等は次の通り。

   128日(土) 弘前中三8F・スペースアストロ

 12:30 『あゝ、荒野 前篇』(157分)
     (休憩あり)
 15:40 『あゝ、荒野 後篇』(147分)
 ※上映終了後シネマトーク
                             
   1回券 前売 1,000   当日 1,200 
   会員・学生 500
      ※前・後篇それぞれ1枚チケットが必要です。

   チケット取り扱い                                                      
       弘前中三、まちなか情報センター、弘前大学生協、
       コトリcafe(百石町展示館内)

   詳細は、次をクリックせよ。





<後記>

   今年度2回目のharappa映画館。『あゝ、荒野』上映という、ちょっとした冒険にチャレンジする。この通信を読んだ方の中に、ひとりでも映画を観に来てくれる人がいたら…
   次号は、「珈琲放浪記」の予定。キーワードは、上野界隈・フェルメール・ムンク等々。




(harappaメンバーズ=成田清文)
※「越境するサル」はharappaメンバーズの成田清文さんが発行しており、
個人通信として定期的に配信されております。